ワークマンの980円安全靴とは?徹底解説します

ワークマンの980円安全靴とは?徹底解説します

ワークマンといえば今勢いのあるブランドですよね。

低価格高品質の商品が多く、元来の作業着だけでなく、
最近はデザインを重視したものも増えています。

そんなワークマンでも人気の商品が980円の安全靴です。
ここではそんなワークマンの980円の安全靴について解説をしていきます。

Advertisement

ワークマンの980円安全靴とは?

ワークマンの980円安全靴

ワークマンですが、現場作業にまつわるものでしたらなんでも売っています。

作業着や、靴、小物など様々ものが売っている中で人気なのが安全靴です。

Advertisement

安全靴は現場作業用に足を保護するための靴です。

そんな安全靴ですが、ワークマンでは980円で売られているというのは本当なのでしょうか?

結論から言えば、厳密に言えば違います。

ワークマンでは980円の靴は売っていますが、
それは「セーフティシューズ」と呼ばれるものです。

安全靴の場合、作業で足を守るために、つま先を先芯によって保護をし、
滑り止めを備えている靴という定義が定められています。

他にも衝撃性能、圧迫性能、落下高さなどの厳しい試験があり、
それらは全てJIS規格に基づいて定められています。

そして、この性能試験をクリアしたもののみが安全靴と名乗れます。

一方セーフティシューズの場合は、そこまでの厳しい性能試験は課せられていません。

しかし、その分スニーカータイプや革靴タイプなど、デザイン性に優れた靴が多く、
軽作業に向いており機動性もあります。

ですが、セーフティシューズということもあって、安全靴とは言えないものの、
足を保護する作りにはなっています。

ワークマンの場合、つま先部分は安全靴と同様にJIS規格に基づいた作りになっており、
十分足を保護してくれます。

ですので、セーフティシューズは安全靴の簡易版と思っていただければ結構です。

ワークマンではそんなセーフティシューズもたくさん取り扱っていますが、
その中で980円の商品はこちらになります。

・つま先芯入り セーフティシューズ

ワークマンのセーフティシューズの中でも最安値のセーフティシューズではありますが、
それでも十分な機能が備わっています。

つま先を守るためにはJIS規格に基づいた芯入りとなっている他、
ゴム底になっているため滑りにくく、軽作業に向いています。

シンプルながらカジュアルなデザインとなっているので、
仕事でも問題なく使うことができますね。

サイズも豊富であり24.5から28cmまで対応をしています。

ワークマンの中でも人気商品になりますので、気になった方はぜひ検討してみてくださいね。

Advertisement

ワークマンの980円安全靴以外も知りたい!

ワークマンの980円安全靴

ワークマンですが、安全靴ではないですが、
セーフティシューズは980円以外でももちろん取り揃えています。

では980円以外でのオススメのセーフティシューズを紹介していきましょう。

・セーフティシューズ

なんともシンプルな名前がワークマンらしいですね。

こちらのセーフティシューズですが、
ハイカットタイプでまるでブランドもののスニーカーのようですね。

ですがこのハイカットで足首を保護してくれるだけでなく、
もちろん鋼の先芯となっていてつま先も守ってくれます。

足底にはクッション材が通常よりも多く入っているので、疲れにくい構造にもなっています。

よりデザイン性を重視したい場合にオススメです。

・マンダムマジックライトセーフティシューズ

続いて紹介するのが軽量タイプのセーフティシューズです。

軽量素材を使っており、片足の軽さは300gほどです。

他にも耐油底になっており、滑りにくいだけでなく、反射材も使われています。

また樹脂による先芯となっています。

ランニングにも向いており、反射材があるので夜間でも安心ですね。

・マンダムニットセーフティシューズ

かっこいいデザインでまるでブランドスニーカーのようですが、
実はこちらもワークマンのセーフティシューズとなっています。

ニット素材となっており、通気性も抜群で蒸れないため、はき心地も良いです

他にも耐油底や鋼の先芯など、セーフティシューズとしても役割もしっかり果たしています。

普段履きにも十分オススメです。

ワークマンですが、もちろんしっかりとした安全靴も売られています。

・安全靴端靴

こちらはシンプルな安全靴となっており、現場での作業にももちろん使われています。

安全靴と登録されているので、もちろん上記のJIS規格をクリアしています。

そのような性能で3500円ほどですので、十分に安いです。

しっかりとした安全靴が必要な場合はこちらを検討してください。

もちろん紹介した以外にもセーフティシューズや安全靴はたくさんありますので、
お気に入りのものを見つけてくださいね。

Advertisement

ワークマンの980円安全靴とは?のまとめ

ワークマンですが980円の場合は、安全靴ではなくセーフティシューズです。

ですがワークマンの場合、セーフティシューズでもしっかりと安全に作られており、
安価で性能の高いものが多いです。

そして、もちろん安全靴もたくさんあり、安いものもあります。

ぜひワークマンでお気に入りの安全靴やセーフティシューズを見つけてくださいね。

ファッション小物カテゴリの最新記事