ダウンをクリーニングしたらへたる?ぺちゃんこになったときの回復方法

ダウンをクリーニングしたらへたる?ぺちゃんこになったときの回復方法

冬に欠かせないものといえばダウンですよね。

おしゃれに寒さを防げるためにダウンを愛用しているという人も多いのではないでしょうか?

そんなダウンをクリーニングしたら、
せっかくのふわふわな生地がへたるということはないでしょうか?
ここではダウンをクリニーニングしてへたったときの回復方法について解説します。

Advertisement

ダウンの暖かさの秘密って何?クリーニングしたらへたるの?

ダウンをクリーニングしたらへたる?ぺちゃんこになったときの回復方法

ダウンですが着ているととても暖かいですよね。

そんなダウンですが、実際どうして暖かいのか知っていますか?

ここではまず、意外と知らないダウンの暖かさの秘密を解説していきたいと思います。

Advertisement

ダウンですが元は登山用のウェアでした。

しかし、1970年ごろにアウトドアファッションが流行し、
その結果普段着としてもダウンが取り入れるようになります。

そして現在でもその暖かさとファッション性から多くの人に愛用をされています。

ダウンの特徴といえば、何と言ってもあのふわふわの生地ですよね。

あの生地は水鳥の羽を利用しています。

水鳥はの羽毛には空気がたくさん含まれており、それを綿にして生地の中に含まれています。

ダウンの暖かさの秘密は羽毛ではなく、実はこのたくさんの空気です。

ダウンの生地の中に空気がたくさん含まれることで、
そこで温度が伝達するのを防ぐことができます。

それにより、外からの寒い空気を防ぐことができるというわけですね。

このような空気の層は断熱ガラスや、タンブラーにも用いられています。

外からの寒い空気を空気の層によって遮断して、中の温度を逃さないという仕組みですね。

ダウンのあのふわふわはファッション性だけでなく、
機能性にも十分に優れているものでした。

しかしそんなダウンですが使っていたり、
クリーニングに出したりするとぺしゃんこになってしまうこともあります。

使っているとどうしても中の羽毛が寄ってしまったり固まったりすることで、
ふわふわの生地がへたることがあります。

またクリーニングに出した場合、専門のところは問題がないですが、
場合によってはぺしゃんこになってしまうこともあります。

ですのでダウンをクリーニングしたいとお考えの場合は、
事前にお店に問い合わせるか、自分でやってみることも方法の一つです。

では続いてダウンを自分でクリーニングする際に、
ぺしゃんこにならない方法やぺしゃんこのダウンを復活させる方法を解説していきます。

Advertisement

 

こちらも読まれています↓↓
⇒⇒ダウンをクリーニングしたらへたる?ぺちゃんこになったときの回復方法

ダウンを自分で洗濯する方法!またふわふわを復活させる方法も紹介!

ダウンをクリーニングしたらへたる?ぺちゃんこになったときの回復方法

ダウンを自分でクリーニングする場合ですが、まず洗濯表示を確認するようにしましょう。

ダウンの洗濯表示に洗濯機マークや手洗いマークがある場合は洗濯できます。

一般的に売られているダウンの場合は洗濯が可能ですが、本格的なレザーのダウンの場合は、
洗濯できないこともあるので注意してください。

そしてダウンを洗濯する際ですが、洗濯機に入れてあとは自動というのはお勧めできません。

オススメの方法としては、以下のような手順で洗濯をするようにしましょう。

①ダウンジャケットをぬるま湯につけたスポンジと中性洗剤で拭く
②全体をぬるま湯で軽くすすぐ
③洗濯機で脱水をする(その際1分ごとに洗濯機を止めてシワを伸ばす)
④形を整えて干す
⑤ダウンが乾いたら乾燥機にかける

この手順で洗濯をすればダウンのクリーニングは自分でも可能です。

ダウンは基本的にデリケートな衣類です。

ですので普通に洗濯機に入れてぐるぐる回すと、生地がよっていたり、
必要以上に水を吸ってしまい、ぺしゃんこやへたってしまいます。

なので、基本は手で優しく洗うようにしましょう。

その際汚れた箇所を重点的にスポンジで拭いてあげると良いですよ。

そして手洗いをしたらあとは洗濯機を使って脱水をします。

その際も一度に全部脱水をするのではなく、細かく脱水を止めて、
ダウンを取り出してパンパンと叩いてシワを伸ばすと良いでしょう。

その後、しっかりハンガーにかけて干しておきます。

ある程度ダウンが乾いてふわふわ感が戻ったらならそれでOKとしても構いません。

ただダウンによっては中の羽毛がずれてしまったり、水分を含んで重く感じることもあります。

その場合は乾燥機にかけると良いでしょう。

今はコインランドリーブームであり、乾燥機がなくてもそちらで使うことができます。

ダウンは乾燥機にかけることで空気を含んで、膨らむので、一気にふわふわ感が増しますよ。

ダウンで汚れてはいないけどだいぶへたってしまった場合は、
乾燥機にかけるだけでもある程度復活します。

あとはダウンの形を整えて、
中の羽毛を均等に移動をさせれば自分でのクリーニングは終了です。

うまくコインランドリーなどを利用して、
自分でダウンを綺麗にクリーニングしてみてくださいね。

ダウンを自分で洗うならこちらのダウン専用洗剤がおすすめ↓↓

ダウンウォッシュと乾燥時使用の
ボール3個をセットにしました。

ダウンウォッシュで洗ったあと、
ボール3個と一緒に乾燥機に入れて乾燥させます。

ボールがダウンの偏りと潰れを防ぎ、
ふっくらと仕上がります。

《セット内容》
ダウンウォッシュ(300m?)×1本
乾燥用ボール×3個

ダウンをクリーニングしたらへたる?ぺちゃんこになったときの回復方法のまとめ

ダウンをクリーニングしたらへたるやぺしゃんこになったときの回復方法は、
お分かりになられたでしょうか?

ダウンは場合によってはクリーニングをするとへたったり、
ぺしゃんこになることはあります。

ただ、しっかりクリーニング店に相談をしたり、自分でも正しい手順で洗濯をすれば、
ぺしゃんこになっても回復をすることができます。

ぜひダウンをうまく洗濯して、ふわふわなダウンを復活させてくださいね。

こちらも読まれています↓↓
⇒⇒ダウンをクリーニングしたらへたる?ぺちゃんこになったときの回復方法

ファッションカテゴリの最新記事